[珈琲高円寺茶房]~ちょっとした休憩におすすめな昔ながらの喫茶店、喫煙も可能~

カフェ日記
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<strong>たかしん</strong>
たかしん

今回ご紹介するのは、高円寺駅から徒歩5分の所にある珈琲高円寺茶房さんです。

昭和レトロ感漂う素敵な空間でした!

基本情報

MAP

✎アクセス

🚃JR中央線「高円寺」北口下車 徒歩5分

(有名な「純情通り商店街」をまっすぐ進み、突き当たりを右に曲がった所にあります。)

✎営業時間

9時~18時(水曜、日曜定休日)

昭和レトロ感漂う老舗喫茶店、メニュー

店内はカウンター席が5~6席程、テーブル席が4席程とこじんまりしています。

カウンター席が、昔ながらのソファー調の椅子であったり、昔の漫画や雑誌が置かれてあったりと、昭和レトロ感溢れる老舗喫茶店です。

地元の常連客の人もいれば、若い大学生くらいの人もいて、様々な世代から愛されていることが伝わってきます。

マスターに言えば喫煙も出来るみたいで、大学生らしき人がお願いして吸っていたのを目にしました。

マスターの人柄も良く、常連さんと談笑しながら楽しそうにコーヒーを淹れているのが印象的でした。

コーヒー専門店ということで様々な種類の本格コーヒーを楽しむ事が出来ます。

スパゲッティーや、喫茶店では定番のトースト系のメニューもあります。

今回はちょっとした休憩に立ち寄っただけなので、コーヒーのみ注文することにしました。

ウィンナーアイスコーヒーを注文

この日は暑かったので、アイスのウィンナーコーヒーを注文しました。税込み600円です。

苦めのコーヒーの上にたっぷりの生クリームが乗っていて、溶かしながら飲むとほろ苦く優しい味わいになります。

喫茶店でよく耳にするウィンナーコーヒーですが、最初私はそれがどんなコーヒーであるかを知りませんでした。

食べ物のウィンナーの事だとも思っていました。笑

調べてみると、オーストリアのウィーン発祥とされる飲み方の一つで、コーヒーの上にホイップクリームを浮かべたもののを一般的に「ウィンナーコーヒー」と称するみたいです。

よって食べ物のウィンナーとは全く関係がないです。笑

とても美味しかったので違うお店でも飲めたら良いなーと思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

昭和レトロ感漂う店内で、ちょっとした休憩に立ち寄りたくなるような雰囲気でした。

喫煙もできるもたいなので、タバコ休憩にも最適ですね。

コーヒー専門店であり、マスターが丁寧に淹れてくれるコーヒーは心に染み渡ります。。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

高円寺に行くなら旅する喫茶もおすすめです。↓

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました